ブログ

山﨑健一朗院長が日本で初めて開始したレーザー白内障手術の記事が読めます

local_offer院長ブログ

大宮七里眼科・山﨑健一朗院長のフェムトセカンドレーザー白内障手術についてどのように日本で最初に開始したのかを紹介した記事を紹介します。

山﨑健一朗院長は2012年に日本で最初にレーザー白内障手術を開始しました。この記事では、山﨑院長がどのようにしてレーザー白内障手術の技術を日本の患者さんたちに行うことができるようになったのか、経緯を紹介しています。

また、現在の日本の多焦点眼内レンズやフェムトセカンドレーザー白内障手術などの状況についても記載しています。

レーザー白内障手術はコンピューターによるコントロールで1000分の1ミリ単位で目の組織を精密に切開することができる技術ですが、大宮七里眼科が開始して10年たった今も、まだ日本では普及していません。

そのため、この記事は数少ないフェムトセカンドレーザー白内障手術についての記事です。

ぜひお読みください!

2022-12-21_銀海_山﨑健一朗_FLACS10年を振り返って

 

TOPへ